ISOコンサルタント:国際規格マネジメント ISM
ISOコンサルティングファーム
ISOコンサルタント:国際規格マネジメント
International Standards Management

[連絡先]
Tel: 042-808-0154
FAX: 042-808-0154
携帯: 090-2573-2078

 >Home  >会社概要  >認証取得実績  >新着情報履歴  >各種サービス  >お問い合わせ/お見積り

ISO14001認証取得奮闘記 (6)RSS 2.0 : 環境版InfoRSS 2.0
■ 第6回推進会議(2007年7月25日)
前回で環境マニュアル本文の作成を終了し、今回は以下の付属書16及び環境関連4規定の作成に入った。
付属書はマニュアル本文を補足する意味で、ある程度こちらから必要なものを提案しその後独自で考え作成してもらった。
1. ISO14001:2004環境マニュアル付属書の作成
付図1:埼玉工場・施設レイアウト
付属書1:著しい環境側面一覧表
付属書2:法的要求事項及びその他の要求事項/順守評価表
付属書3:環境目的・目標一覧表
付属書4:環境実行計画概念図
付属書5:環境実行計画書
付属書6:環境マネジメントシステムの責任と権限
付属書7:環境職務分掌
付属書8:法定管理責任者一覧表
付属書9:社内文書体系
付属書10:主要な監視及び測定項目
付属書11:不適合及び是正処置並びに予防処置フロー図
付属書12:主な環境記録一覧表
付属書13:法・条例最新版チェックリスト
付属書14:環境情報連絡/対策依頼書
付属書15:環境情報連絡/対策依頼書【回答書】
付属書16:外部文書一覧
2. ISO14001:2004 環境関連規定の作成
気をつけなければならないのは、規格の文中 「文書化すること」又は 「手順を確立すること」 と規定されているところであるが、原文を見ると、文書化する=documented、手順を確立する=establish procedure、文書化された手順を確立する=establish documented procedure となりそれぞれ適切に対応をすることが要求されている。
したがって推進委員のメンバーで原文を検証し、それぞれ以下のように既存の規定を出来るだけ取り込み、無いものについては新規に規定を作成するようにした
○既存の規定
 職務分掌規定、教育訓練規定、文書管理規定、計測器管理規定、記録管理規定、内部監査規定
○新規作成する規定
 環境影響評価登録規定、環境関連法規制等管理規定、環境情報処理管理規定、緊急事態対応規定
  <内容>

ISO14001項番 規 格 表 題 規 定 名 使用内容
4.3.1 環境側面 環境影響評価登録規定 新規作成
4.3.2 法的及びその他の要求事項 環境関連法規制等管理規定 新規作成
4.4.2 力量,教育訓練及び自覚 教育訓練規定 既存使用
4.4.3 コミュニケーション 環境情報処理管理規定 新規作成
4.4.5 文書管理 文書管理規定 既存使用
4.4.7 緊急事態への準備及び対応 緊急事態対応規定 新規作成
4.5.1 監視及び測定 計測器管理規定 既存使用
4.5.2 順守評価 環境関連法規制等管理規定 4.3.2と同様
4.5.3 不適合並びに是正処置及び予防処置 環境関連法規制等管理規定 4.3.2と同様
4.5.4 記録の管理 記録管理規定 既存使用
4.5.5 内部監査 内部監査規定 既存使用

4.4.6運用管理のところで「文書化された手順を確立し・・・」とあり、この部分は規定とは別枠で、特定された著しいい環境側面に伴う運用を明確にして逸脱しないようその手順書を作成することが要求されているので、次回に各手順書の作成を予定することにした。

つづく