ISOコンサルタント:国際規格マネジメント ISM
ISOコンサルティングファーム
ISOコンサルタント:国際規格マネジメント
International Standards Management

[連絡先]
Tel: 042-808-0154
FAX: 042-808-0154
携帯: 090-2573-2078

 >Home  >会社概要  >認証取得実績  >新着情報履歴  >各種サービス  >お問い合わせ/お見積り

ISO14001認証取得奮闘記 (14)RSS 2.0 : 環境版InfoRSS 2.0
■

第14回推進会議 ( 2007年12月7日 )

今回からは自社の「環境マニュアル」並びに下位文書、記録類を基に内部監査を実施することにした。
あらかじめ管理責任者に被監査部門並びに監査員2名それと必要な帳票類の準備をお願いしておいた。

被監査部門 :生産管理部
監査員 :主任監査員××、監査員△△
監査日時 :200・年・・月・・日 13時~14時
場所:本社会議室

<作業内容>

1. 内部環境監査実施要領書の発行

年間内部環境監査計画書の作成

任命された内部監査員は年間計画書に基づき事前に被監査部門の責任者と日程並びに時間の調整を図り、内部環境監査実施要領書を発行する。

内部環境監査実施要領書
監査番号: 1  発行年月日:200・年・・月・・日 管理責任者 主任監査員
監査対象部門:生産管理部 場所:本社会議室 ○○ ××
監査目的:本審査準備 監査実施日 200・年・・月・・日( )13時~14時
監査チーム 主任監査員:××
      監 査 員:△△
監査基準
ISO14001、環境マニュアル
開 始 終 了 被監査該当項目 被監査部門対応者
      生産管理部長、課長

2.チェックリストの作成

当日までに監査員は被監査部門に関連するISO14001並びに環境マニュアルの要求事項の項番
に関する質問を用意しておく。

発行日200・年・・月・・日
内部環境監査チェックリスト 監査実施日:200・年・・月・・日
被監査部門:生産管理部 監査員:××、 △△
規格条項 質 問 事 項 適 合 不適合 コメント・不適合の理由
 

       

3.内部監査実践

当日、生産管理部門に対してISO14001並びに環境マニュアル及び下位文書等に基づいて作成された次のようなチェック内容で質問を開始した。

ISO14001:2004
 要求事項
質問事項 適否 不適合 コ メ ン ト
4.1 一般要求事項 環境マネジメントシステムを構築し、運用することの目的、狙いは何ですか。      
4.2 環境方針 トップマネジメントが定めた環境方針がありますか。      
4.3 計画
4.3.1 環境側面
環境側面とその環境影響を特定する手順を説明してください。      
組織が影響を及ぼすことがでる環境側面として特定されたものを示してください。      
プラスの環境影響を持つ環境側面の例を示してください。      

4.内部監査実践指導

やはり、机上研修だけでは実際の場面になると質問事項の最初のところだけになり、水平展開を行い、有効性の確認までキャッチボールがされないで、「文書があるか? ハイ あります」、「記録が作成されているか? ハイ このように作成しております」で終わってしまう。

戸惑いを感じながら何とか時間内で生産管理部の内部監査を終了した。

<反省点>

質問が入り口のところで終了してしまうため、中身の確認までとどかなく、まだまだ不十分なため、他の部門も含めて内部監査を側面から指導してゆく必要性を感じ、管理責任者共々何回かに分けて監査をその場面その場面ごとに側面からサポートしてゆくことが確認された。

次回からも継続して実施してゆく予定である。

つづく