ISO9001:2008 認証取得奮闘記 (1)

ISO9001:2008認証取得年間スケジュール
2010年
1月
キックオフ
ISO9001:2008研修開始
2月 マニュアル、規定集等の文書化
3月 マニュアル、規定集等の文書化
4月 内部監査員養成研修
品質マネジメントシステム実施
5月 自社による内部監査実施
6月 経営者による見直し
事前調査
経営者による見直し
7月 自社による内部監査実施
経営者による見直し
8月 本審査、登録

■ プロローグ

2009年12月2日社長にお会いし、次の件を決定する。

  • 認証取得規格:ISO9001:2008
  • キックオフの日時:2010年1月15日13時
  • 認証取得時期:2010年8月中
  • 年間スケジュール(右記参照)

■ 第1回推進会議 (2010年1月15日)

キックオフ当日は少し早めに訪問して社長とお会いし、事前にキックオフ並びに推進会議の進め方等の打ち合わせをする。
その後、いよいよ社長のキックオフ宣言が行われ、ISO9001:2008の研修に入った。

社長によるキックオフ宣言

ISO取得の目的は、わが社があらゆる顧客の要求に応えられるよう、もっと強固なシステム構築をすることである。そのためにISO 9001:2008を2010年8月までに取得することにした。
推進メンバーは各部門からの代表者5名とした。
品質方針は本日作成したものを社内に掲示し、周知する。

ISO規格の解説13:30~16:00

clip_funto01_01.jpg<内容>

序文
4. 品質マネジメントシステム
4.1 一般要求事項
4.2 文書化に関する要求事項
4.2.1 一般
4.2.2 品質マニュアル
4.2.3 文書管理
4.2.4 記録の管理
文書の作成、管理 並びに記録の作成、管理
従来、口頭で連絡処理し、文書、記録等はあまり作成しなくても作業は順調に行っているのに、ISOは厄介なことを言うのだなという感想で、どこの企業でも最初に戸惑う箇所でもある。
特に顧客から預かっている文書の管理の仕方については確実に管理することが求められており、図面の管理等は不明確なところがあるので注意を要する。

>>続きを見る