ISO9001:2008 認証取得奮闘記 (2)

第2回推進会議(2010年1月22日)

前回に引き続きISO9001:2008の研修を行った

 ISO品質版規格の解説

当日社長は大変お忙しく、1時間後に予定が入っているとのことであったので、前回の復習と社長向け「経営者の責任」について約1時間で解説を終了した。

<ISOの内容>

  • 顧客重視をベースに品質目標を立て、達成計画を作成し、その責任と権限を明確にする。
  • 社長は、自社業務を効果的にするために、必要な資源(人、もの、資金、情報)を明確にし、提供する。
  • 社長は、自社業務に対して見直しをする。

当然のことながら従来から自社で実施していることなので、再確認の場となった。
社長が退席された後、休憩をおき次の解説に入った。

  • 教育訓練の必要性
  • 受注 ・設計開発
  • 購買 ・製造
  • 製品の保管 等

推進メンバーは、各部門からの代表者からなるので自分たちに大いに関係がある箇所でもあり、質問がようやく出てきた。

コンサルタントとしては最も嬉しい場面だ。質問も何もない状態は大変困る。何故なら、自社のシステムを構築する時に実態とかけ離れたものになってしまうからである。

ホット胸をなでおろして第2回目を終了。ただ、残念ながら規格第8章が残ってしまった。次回は文書作成も含めてがんばろう!

>> 続きを見る