ISO9001:2008 認証取得奮闘記 (7)

■ 第7回推進会議(2010年4月6日)

第2回目の内部監査研修を行った。

前回の復習を終えた後、次のような内容で実施する。

  • 内部監査年間計画書作成:年間計画
  • 内部監査実施報告書作成:被監査部門に対する事前実施報告
  • チェックリスト作成  :事前の質問事項の準備
  • 不適合報告書    :ISO9001または自社の決めた事項に反した報告

特にチェックリスト作成に時間がかかり、設計部門と営業部門への質問事項を作成した。

これはISO9001の中身また自社のマニュアルの中身が理解できていないと難しく、メンバー全員大変苦しんでいた。

内部監査に少し慣れてもらう意味で、設計部門のチェックリストを使い実践形式による監査を行った。

:設計で使用している文書を見せてください。

:ここにありますがどうでしょうか。

:公式文書であれば責任者の承認印が押されてなくてはいけませんが・・。

:マニュアルどおり承認印を捺印することになっているが、まだ準備段階です。

それでは不適合ですね。 キビシイ!という感想。

というような具合でした。

研修の最後に

後1時間のところで内部監査を終了して、内部監査員として相応しいかどうか、理解度テストを60分間実施し、終了した。

テストは○×式40問であったが難しかったようである。70点が合格点であるが、どうかな・・・・全員合格したかな。

次回は公式に内部監査を実施することを約束して終了。宿題は内部監査記録類及び各種帳票類の作成準備と手順書関係の整備をお願いした。

ここに来て若干のメンバーが忙しく身が入らない事態になっている。いずこの会社にもあるが中だるみの傾向は免れない。気を引き締めてスケジュール通りやろう!

>> 続きを見る