ISO9001:2008 認証取得奮闘記 (8)

■ 第8回推進会議(2010年4月20日)

前回内部監査の研修を実施した成果を実践で実施した。

本審査ファーストステージの日程が6月8日に決まり、内部監査並びに経営者による見直し(社長の立てた目標、方針通りに会社が進捗しているかどうかを検証するシステム)を終了していなくては受けることができないので、何が何でも終了していなくてはならない。

受注業務(営業)と設計の監査を実施した。

自社で実施してきたことを文書と記録でもって説明できれば良いとわかってからは質問する方もされる方も慣れてきたようである。

*受注業務

受注を決める時にはその内容を確認しますか?

:ハイしています。

それでは、それを記録で説明をしていただけませんでしょうか?

:イヤいつものことだから契約書はありますが・・・。

という具合で進めていった。

*次に設計業務

設計に関する計画した文書はありますか?

:あります。

それでは、それを見せてください。

以上のように、作成したマニュアルどおり業務が行われているかどうかを検証していった。

製造と業務の内部監査を行った。

*製造業務

マニュアルに書かれている製造で使用する文書はありますか

:以前から使用しているものであればありますが、新しいものは今作成中です。

それは結構ですね。しかしマニュアルにはQC工程表を作成し、それに沿って作業を行うと書かれていますが。

:ハイ、今作成中です。

それではマニュアルどおりには行われていませんね。不適合ですヨ。

*業務

購買先の選定はどのように行っていますか?

:決められたルールが無かったので、マニュアルに書かれたと通りしました。

それではその記録を出していただき、それに沿って説明してください。

:イヤまだ評価は実施しておりません。今回は一括評価し、そこから選定する予定です。

予備審査までに終了しますか?

:間に合わせますヨ。

という具合で、第一回目の公式内部監査を無事終了した。

>> 続きを見る