ISO9001:2008 認証取得奮闘記 (9)

■ 第9回推進会議(2010年5月11日)

本審査ファーストステージ(文書審査)の日程が決定したことで、今回はその準備を行った。

本審査ファーストステージが無事終了すると本審査セカンドステージ(実地審査)を受けても大丈夫かどうかの判断が下される。

次の点を欠かすことが出来ないので検証してみた。

  • マニュアル内に記載されている記録が揃っているか。
  • 内部監査を実施し、会社が効果的に機能しているか。
  • 社内外での不適合(お客様からの苦情を含む)に対して適切な手を打ったか。
  • 経営者による見直しを実施したか。

しかし「経営者による見直し」がまだ実施されていなかったため、皆で日時を2,3決め、社長の日程と合わせ実施してもらうことになった。これは必須事項である。

次回再度検証してみようという硬い約束をして終了した。

■ 第10回推進会議(2010年5月25日)

今回は本審査ファーストステージ(文書審査)に向けて最終の準備を皆で行った。

最近業務が多忙なのかどうか推進会議開始時間を守られないとか、疲れきった顔をして欠伸をするメンバーが何人か出てきたのでカツを入れた。

「そんな気持ちでグローバルスタンダードの資格が取れると思ったら大間違いだ、シッカリしてもらいたい」と。

前回に引き続き再度検証をする。

  • 内部監査の記録を見せてもらう。
  • 経営者による見直しは終了したか、その記録を見せてもらう。
  • 社内外の不適合に対する是正は適切に行われているか。
  • 業務責任者の目標に対する達成状況はどうか。
  • 5Sの再確認(不適合品とか文書の識別が出来ているか)

そして、従業員の皆さん全員に朝礼時にでも教育をしておくようお願いする。

最後に会場の設定を行った。当日は記録類並びに文書類(手順書、指示書、基準書等)を会場に順情よく並べておくことを指示する。

来る6月8日審査機関によって実施される本審査ファーストステージを迎えるばかりになった。

後はメンバーそれぞれが当日までにどこまでレベルを上げることが出来るかにかかっている。

頼むよ!!

続きを見る