経営分析を用いたISOコンサル国際規格マネジメント


アンゾフのマトリックスとISOコンサル国際規格マネジメント
 事業計画を計画するときに必要な経営手法

の市場浸透戦略は今まで販売していた市場へ今まで販売していた商品やサービスを販売し続ける事で市場浸透を進める事により、シェアの拡大を図る戦略です。
長期にわたって成長戦略の効果を出し続けるのは極めて困難です。             

の新市場開拓戦略は今まで販売していた市場以外の市場(新しい顧客層や未開拓の地域など)に今まで販売していた商品やサービスを投入する事により、成長を図る戦略です。
アンゾフのマトリックスの第二象限は、新規市場に進出し新しい顧客を開拓しながら既存製品の売上を成長させる、市場の開拓を目指す戦略です。

の新製品開発戦略は、今まで販売していた市場に従来販売していた商品やサービスとは全く異なる新しい商品やサービスを投入する事により、成長を図る戦略です。
アンゾフのマトリックスの製品開発戦略は、文字通り新規製品を次々に既存市場へと投入します。

の多角化戦略は、今まで販売していた市場以外の市場に従来の商品やサービスとは全く異なる新しい商品やサービスを投入する事により、成長を図る戦略です。
アンゾフのマトリックスの第四象限は、新規市場で新規製品の売上を成長させる多角化戦略です。多角化を狙うには、自社による成長戦略(Growth Strategy )よりも、他社との提携や買収によるアプローチの方が簡単であると考えられています。
 
 

上記の戦略的「経営分析手法」に関する資料並びに説明が必要な場合は、下記アドレスまでEメールにてご連絡ください。

 株式会社国際規格マネジメント