労働安全衛生マネジメントシステム要求事項(抜粋)

(OHSAS 18001:2007)

4. 労働安全衛生マネジメントシステムの要素

4.1 一般要求事項

組織は、このOHSAS規格の要求事項に従って 、OH&Sマネジメントシステムを確立し、文書化し、実施し、維持し、継続的に改善し、どのようにしてこれらの要求事項を満たすかを決定しなければならない。

継続的改善

経営層による見直し

労働安全衛生方針

計  画

点検及び是正措置

実施及び運用

図1―成功する労働安全衛生マネジメントの要素

4.2 労働安全衛生方針

4.2.1 0H&S方針

トップマネジメントは、組織のOH&S方針を定めなければならない。

経営層による見直し

監 査

方 針

パフォーマンス測定からのフィードバック

計 画

図2-労働安全方針

4.3 計画

4.3.1 危険源の特定、リスクアセスメント及び管理策の決定

組織は、危険源の継続的特定、リスクアセスメント及び必要な管理策の決定の手順を確立し、実施し、維持しなければならない。

方 針

監 査

計 画

パフォーマンス測定からのフィードバック

実施及び運用

図3-計画

4.3.2 法的及びその他の要求事項

組織は、適用可能な法的及びその他のOH&S要求事項を特定かつ参照する手順を確立し、実施し、維持しなければならない。

4.3.3 目標及び実施計画

組織は、組織内の関連する部門及び階層で、文書化されたOH&S目標を設定し、実施し,維持しなければならない。

実施計画には、最小限、次の事項を含まなければならない.

a)目標を達成するための責任及び権限の明示

b)目標達成のための手段及び日程

4.4 実施及び運用

4.4.1 資源、役割、実行責任、説明責任及び権限

トップマネジメントは、OH&Sについて及びOH&Sマネジメントシステムについて最終的な責任をもたなければならない。

組織は、トップマネジメントの中から特定の管理責任者(複数も可)を任命し、その管理責任者は、他の責任にかかわりなく定められた役割と責任をもたなければならない.

計 画

監 査

実施及び運用

パフォーマンス測定からのフィードバック

点検及び是正措置

図4-実施及び運用

4.4.2 力量,教育・訓練及び自覚

組織は、OH&Sに影響を及ぼす可能性のある作業を行う組織の管理下にあるすべての人が、適切な教育・訓練又は経験に基づく力量をもつことを確実にしなければならない。

4.4.3 コミュニケーション、参加及び協議

4.4.3.1 コミュニケーション

組織は、OH&S危険源及びOH&Sマネジメントシステムに関して手順を確立し、実施し、維持しなければならない.

外部の利害関係者からの関連するコミュニケーションについて受け付け、文書化し、対応する.

4.4.3.2 参加及び協議

組織は、次の事項にかかわる手順を確立し、実施し、維持しなければならない.

a)次の事項による労働者の参加

b)OH&Sに影響する変化が生じた場合の請負者との協議

4.4.4 文書類

OH&Sマネジメントシステム文書には、次の事項を含めなければならない.

a)OH&S方針及び目標

b)OH&Sマネジメントシステムの適用範囲の記述

c)OH&Sマネジメントシステムの主要な要素、それらの相互作用の記述、並びに関係する文書の参照

d)このOHSAS規格が要求する、記録を含む文書

e)組織のOH&Sリスクの運営管理に関係するプロセスの効果的な計画、運用及び管理を確実に実施するために、組織が必要と決定した、記録を含む文書

4.4.5 文書管理

OH&Sマネジメントシステム及びこのOHSAS規格で必要とされる文書は管理されなければならない。記録は、文書の一種ではあるが、4.5.4 に規定する要求事項に従って管理されなければならない。

4.4.6 運用管理

組織は、OH&Sリスクを運営管理するために管理策の実施が必要な場合、特定された危険源に関連する運用及び活動を決定しなければならない。これには、変更のマネジメントを含まなければならない(4.3.1参照)。

4.4.7 緊急事態への準備及び対応

組織は、次の事項のための手順を確立し、実施、維持しなければならない.

a)緊急事態の潜在可能性を特定すること.

b)そのような緊急事態に対応すること。

4.5 点検

4.5.1 パフォーマンスの測定及び監視

組織は、OH&Sパフォーマンスを定常的に監視及び測定するための手順を確立し、実施し、維持しなければならない。

実施及び運用

監 査

点検及び是正措置

パフォーマンス測定からのフィードバック

経営層による見直し

図5-点検及び是正処置

組織は、機器の校正及び保持の手順を確立し、維持しなければならない。校正及び保守活動並びに結果の記録は、保持しなければならない。

4.5.2 順守評価

4.5.2.1 順守に対するコミットメント[4.2c)参照]と整合して、適用すべき法的要求事項の順守を定期的に評価するための手順を確立し、実施し、維持しなければならない(4.3.2参照)。

4.5.2.2 自らが同意するその他の要求事項の順守を評価しなければならない(4.3.2参照)。

4.5.3 発生事象の調査、不適合、是正処置及び予防処置

4.5.3.1 発生事象の調査

組織は、発生事象を記録し、調査し、分析するための手順を確立し、実施し、維持しなければならない。

4.5.3.2 不適合並びに是正処置及び予防処置

組織は、顕在及び潜在の不適合に対応するための、並びに是正処置及び予防処置をとるための手順を確立し、実施し、維持しなければならない。<

4.5.4 記録の管理

組織は、組織のOH&Sマネジメントシステム及びこのOHSAS規格の要求事項への適合並びに達成した結果を実証するのに必要な記録を作成し、維持しなければならない。

4.5.5 内部監査

組織は、あらかじめ定められた間隔でOH&Sマネジメントシステムの内部監査を確実に実施しなければならない。

4.6 マネジメントレビュー

トップマネジメントは、組織のOH&Sマネジメントシステムが、引き続き適切で、妥当で,かつ、有効であることを確実にするために、あらかじめ定められた間隔で、OH&Sマネジメントシステムをレビューしなければならない。

点検及び是正措置

内的要因

経営層 による
見直し

外的要因

方 針

図6-マネジメントレビュー

参考図書:日本規格協会編労働安全衛生マネジメントシステム)